6月2日 肝臓医療講演会、午後からは肝炎患者会総会、B型肝炎訴訟説明会

2日は同施設での朝からの肝臓医療講演会、午後からは肝炎患者会総会、B型肝炎訴訟説明会ときつ~~い1日。


10時半からの医療講演会は演者の川西先生が早朝に札幌出、講演後札幌日帰りと本当に講演会のみの函館寄りになり、申し訳ない気持ちでした。肝炎患者のためにここまでする専門医がこの国のどこにいるでしょう。

会場は40席のイスでしたが補充して45~6人の参加者でした。

DSC03251.jpg

午後からは3階フロア-での総会とB型肝炎訴訟説明会です。

総会は役員全員が入院中、もしくはINF療法の副作用でダウンという前代未聞の状態で開催されました。
そんな中、10名の会員さんが参加され、議案了解後各自の療養体験を語り合いました。

DSC03252.jpg


B型肝炎訴訟説明会では、札幌から北海道原告団の高橋朋己団長も参加され、参加者へ国の衛生行政の不作為を熱く訴えられました。

DSC03258.jpg
DSC03254.jpg


今日は肝炎患者さんの生活の窮乏を強く感じた1日です。

感染させられても・・じ~~とがまんする肝炎患者さんたち。
偏見に晒されても・・じ~~とがまんする肝炎患者さんたち。

原発、震災被害者の姿と重なります。


私にはできませんね。


追記
3日付 函館新聞

sc0.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント