FC2ブログ

会報はまなす 8月号が発行されました

目次
・国会請願活動と自治体議会意見書提出状況
・函館市民公開講座肝臓医療講演会のお知らせ
・肝がん検診のお知らせ
・B型、C型肝炎 新薬情報
・会員投稿
・はまなす肝友会定期総会報告


はまなす8月号

会報はまなす 8月号

バックナンバー
会報はまなす 5月号
会報はまなす 2月号

日本肝炎デーでの函館啓発活動

函館では7月28日の世界・日本肝炎デーに合わせての街頭啓発活動を行いました。原告団から3名、はまなす肝友会から4名、 計7名でウイルス検査啓発パンフを配布しました。

炎天下の元、参加された肝炎患者の皆さんありがとうございました。保健所、原告団両方280部ずつのウイルス肝炎検査啓発チラシの配布となりました。

パンフ2部の配布は受け取り手も難儀がってましたが、炎天下で具合を悪くされる患者さんも
おり、1時間程にて終了しました。その後に交流会、再度の啓発活動に繋げたいですね。

ノボリとマイクを持ちながらのスマホの操作・・誤ってへんてこりんな動画しか写らなかったが。
キャプチャーした画像がコレ。保健所のチラシは具体的に検査日など、こまかい要綱が書かれていて、
検査に行くとの方がチラホラ。保健所のチラシで助かった感じですね。
スナップショット 4 (2014-07-30 10-11)

スナップショット 1 (2014-07-30 10-01)

函館 医療講演会のお知らせ

f447896db696ded1c660895670bd21d4.jpg
きっとかなう夢のために 肝臓医療講演と歌の集い in 函館

日時 2013年8月4日(日) 午前10時~12時くらいまで

場所 函館市亀田福祉センター第2会議室

函館市美原1丁目26番12号


講演 ~きっとかなう夢のために~
     肝炎治療はこう変わる!!
     ー患者さんと探し続けるB型、C型肝炎の治療法ー
講師 肝がん検診団 団長
   札幌緑愛病院肝臓センター 所長 川西 輝明先生
   

函館市では1年振りの川西先生の講演になります。
講演後、個別医療相談も予定しております。

多くのご来場者をお待ちしてます。

はまなす肝友会 総会・医療講演会・B型肝炎訴訟説明会

昨日19日(日)午後1時から函館市亀田福祉センターにて、総会・医療講演会・B型肝炎訴訟説明会と続けて開催しました。


第1部 総会 午後1時~2時


第2部 肝臓医療講演会と質疑応答 
       午後2時~4時
演題「最新のB型、C型肝炎治療について」
 講師 市立函館病院 消化器内科
    主任医長:山本 義也 先生

第3部 北海道B型肝炎弁護団による

    訴訟説明会と相談会
       午後4時~7時



 総会、肝臓医療講演会と予想外の人数の方々がお集まりになり、資料が足りなくなりました。
また思いがけず、高橋亨道議員も来賓のご挨拶に駆けつけて頂き、北海道の肝炎対策に頑張っていくとのお言葉を頂きました。

 現在では新たなB型、C型の肝炎患者さんの発症はB型肝炎での外来型遺伝子からの蔓延化を除きほとんどありません。 そんな中での肝炎患者会の総会となります。


 ペグインターフェロンα+リバビリン療法が多くのC型肝炎患者さんへの保険適用となり、私たちの会員さんの中にも「ケンシュツセズ」の検査結果を得られ、完治者が増え、退会者も続出しました。
 会員の高齢化に伴い多くの会員さんが亡くなられ、退会に輪を掛けている状態です。


 総会では肝炎患者会の先細りは目に見えてる状態なので、会報と医療講演会ができる予算状況までは頑張りたいので、会員さんにご理解とご協力を求めました。

北海道新聞、函館新聞の記者さんも長時間に渡ってメモを取ってくれました。

s-DSC03467.jpg
s-DSC03473.jpg
s-DSC03481.jpg
s-DSC03486.jpg
s-IMG.jpg

はまなす肝友会 総会・医療講演会・B型肝炎訴訟説明会

昨日19日(日)午後1時から函館市亀田福祉センターにて、総会・医療講演会・B型肝炎訴訟説明会と続けて開催しました。

第1部 総会 午後1時~2時


第2部 肝臓医療講演会と質疑応答 
       午後2時~4時
演題「最新のB型、C型肝炎治療について」
 講師 市立函館病院 消化器内科
    主任医長:山本 義也 先生

第3部 北海道B型肝炎弁護団による

    訴訟説明会と相談会
       午後4時~7時



 総会、肝臓医療講演会と予想外の人数の方々がお集まりになり、資料が足りなくなりました。
また思いがけず、高橋亨道議員も来賓のご挨拶に駆けつけて頂き、北海道の肝炎対策に頑張っていく
とのお言葉を頂きました。

 現在では新たなB型、C型の肝炎患者さんの発症はB型肝炎での外来型遺伝子からの蔓延化を除きほとんどありません。
 そんな中での肝炎患者会の総会となります。

 ペグインターフェロンα+リバビリン療法が多くのC型肝炎患者さんへの保険適用となり、私たちの会員さんの中にも「ケンシュツセズ」の検査結果を得られ、完治者が増え、退会者も続出しました。
 会員の高齢化に伴い多くの会員さんが亡くなられ、退会に輪を掛けている状態です。

 総会では肝炎患者会の先細りは目に見えてる状態なので、会報と医療講演会ができる予算状況までは頑張りたいので、会員さんにご理解とご協力を求めました。

北海道新聞、函館新聞の記者さんも長時間に渡ってメモを取ってくれました。


s-DSC03467.jpg

s-DSC03473.jpg